1、アンケートの取得

来店時アンケート評価を取得

ご来店時の最後にタブレットをお客様にお渡しし、
アンケートにお答えいただきます。
質問項目は、「紹介意思」を10段階、「料理の味や
コストパフォーマンス」、「店舗の清潔感や雰囲気」、
そして「接客について」など、5段階評価でお伺いします。

「紹介意思」項目で10点、9点の高評価を付けた方々の割合をターゲットロイヤリティスコア(TL)と呼んでいます。

お客様の来店時にアンケートを取得し、「紹介意思」「味」「コスパ」「提供スピード」「接客サービス」「雰囲気」「清潔感」を項目ごとに点数を明確にする。

2、顧客属性×購入商品×客単価

色んな顧客属性のお客様がご来店される中、最も客数構成比が高い、ターゲットとしている客層に対して、この客層のTLを向上させることを目的とできます。

実際の利用金額(客単価)とどのメニューを食べていただければTLが上がるのか、を分析することができます。

3、データ取得で見れるもの

① 店舗の項目ごとの評価、属性ごとの評価が数値で見れ課題がすぐにわかる。

② 満足度と客単価のクロス分析をし、想定客単価と乖離がないか把握することができる。

③ 満足度と商品のクロス分析をし、推すべき商品と改善すべき商品が把握できる。

4、系列店との比較

系列店ごとに点数を比較、また年間推移で前月/前年対比で数値を比較する。

5、系列店ランキング

「直近3ヶ月」「当月」「先月比」の系列店で一番優れている店舗を把握する。

6、対策

上記を実施することで、満足度が上がり、応援してくれるファンが増えていきます。

資料ダウンロード